八百屋をやってる親父の話 俺「父ちゃんはなんでそんな汚い格好で学校に来るんだよ! みんなの父ちゃんはちゃんとネクタイ付けて革靴履いて仕事の格好で来てるんだ!来ないで!!」

31: 癒されたい名無しさん 2006/12/06 20:43:44 ID:qC1rN8YZ
うちは爺さんの時代からずっと八百屋をやってたんだ。 
爺さんが出兵しても婆ちゃんが女手ひとつで親父たち兄弟と 
店を切り盛りしていた。 
大きくないけど、そんな八百屋を来週で閉店することになった。 

親父は八百屋に誇りを持っていた。 
朝から晩まで、盆も正月もなく働いていた親父。 
俺が小さい頃、小学校に父親参観ってのがあって 
みんなの親父さんが学校へやってくる。 
そん時友達の親父はみんなスーツにネクタイ。 
でもうちの親父はジャンパーにチノパンにスニーカ、 
市場の店番をつけた野球帽を被ってやってきた。 
恐らく配達の途中でやってきたのだろう。 
俺は嫌で嫌で仕方なかった。 
その夜俺は夕飯の時に泣いて怒った。 
「父ちゃんはなんでそんな汚い格好で学校に来るんだよ! 
みんなの父ちゃんはちゃんとネクタイ付けて革靴履いて 
仕事の格好で来てるんだ!恥ずかしいだろ? 
そんな格好で来るなよな!!」 

そんな俺を母ちゃんはひどく叱って、泣いていた。 
「お前、どこにでも行っておしまいよ!そんなに 
八百屋の息子が嫌なら、どこぞのお大臣に育ててもらえばいいだろう!!」ってね。 
でも親父はいつも黙ってビールを飲んでいた。

続きを読む Source: 恋愛速報

コメント