【高校野球】男子部員に素手でノック受けさせ3週間のけが 神奈川・藤嶺藤沢高野球部

恋愛
baseball_pitcher_overthrow

1: 2020/11/08(日) 13:23:39.54 ID:CAP_USER9
11/8(日) 5:00配信 毎日新聞
https://news.yahoo.co.jp/articles/b900683d842f1fd7ddecbc5c4b292855cb98cd22
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2020/11/07/20201107k0000m040158000p/8.jpg

 神奈川県藤沢市の私立藤嶺(とうれい)藤沢高校硬式野球部で9月、男性監督(47)が練習中に1年の男子部員に素手でノックを受けさせ、全治3週間のけがをさせたことが、同校への取材で判明した。同校は「不適切な指導だった」として部員の父親に謝罪し、監督を1カ月指導停止などの処分としたうえで、県高校野球連盟に報告した。

 同校によると、監督は9月26日のノック中、捕球ミスをした部員に対し、「グラブを外しなさい」と指示し、ノックバットで計3球を打って素手の左手で捕球させた。部員は翌27日の練習前、監督に手のひらが腫れたことを伝え、同28日に病院で3週間の挫傷と診断されたという。

 同校は事実関係を調査し、校長と部長が10月7日、部員の父親に謝罪した。監督を同10日付で戒告とし、さらに同12日から1カ月の指導停止処分としたうえで、同29日に県高野連に経緯を報告している。日本学生野球協会は日本高野連から処分案の上申を受け、17日にも処分を公表する方針。

 監督は同校の調査に、素手でノックを受けさせたことについて「手のひらで捕球する感覚をつかんでもらいたかった」と説明したという。佐野健校長は取材に「不適切な指導だった。部員らには申し訳ないという気持ちだ」と話している。

 同校は1985年、夏の甲子園に出場している。【洪玟香】

続きを読む Source: はーとログ

コメント