【結婚式招待状】胸がスカッとするメシウマコピペを見せてくれたまえ。泣ける話とかどうでもいい。

170: 名無しさん@涙目です。(東京都) 2011/11/27 02:16:30 ID:mK0JpfAA0
自業自得と叩かれる事を承知で。私にはジュン君という幼馴染がいる。 
母親同士が友達で、人見知りだった私は幼稚園から小学校にかけてはほどんどジュン君としか 
遊ばなかったくらい仲が良かった。ジュン君は外見も成績も運動神経も普通で、本当に絵に描いたような 
普通の子だった。でもすごく優しい子で、いつもニコニコしていて遊びに来る時は私の好きなうすあじの 
カールを持ってきてくれたり、サイフを落として半泣きになってた私の為に、日が暮れるまで一緒に 
探してくれた思い出がある(結局出てこなかったが)。 

私とジュン君は地元の公立の中学高校に進学して、クラスは一緒にならなかったけど同じ学校だった。 
異性の幼馴染というと、思春期になると疎遠になってしまうものらしいけれど、私とジュン君は一緒に 
遊ぶ回数こそ減ってしまったけれど、ずっと仲が良かった。 
変わったのは高校に入った頃から。 
高校デビューという訳じゃないけど、高校で仲良くなった友達に勧められるままヘアスタイルやメークを 
教わった私は、そこそこ男の子にかまわれるようになった(小学校中学校時はほとんど空気だった)。 
モテた事のない私は、この頃本当に有頂天だった。男女グループで遊びにいったりして 
楽しくてしょうがなかった。自然とジュン君ともあまり話さなくなった。 

顔を合わせるとジュン君は、明るく話しかけてきてたんだけど、その頃一緒に遊んでた男の子達と比べて、 
少し垢抜けない感じのジュン君と話しているところを見られるのが何だか嫌で、そっけない返事ばかりしてた。 
決定的だったのは、女子で一番人気だった陸上部のA君と一緒の時に話しかけられた時に「何?友達?」 
と聞かれて、私はつい「しらない」と答えてしまった事だ。 
過去に戻れるのなら自分をひっぱたいてやりたいのだけど、あの頃の私はA君に別の男の子と仲が良いと 
思われたくなくて必死だった。 
その時のジュン君は「あ、ごめんなさい」と、ちょっと寂しそうに笑ってゆっくり去っていった。 
その姿を見ても、私は特になにも思わずA君の事だけが気がかりだった。

続きを読む Source: 恋愛速報

コメント