彼は定職に就かず、バイトで生活をしていた。 私が仕事から帰るのを待って、どちらかの部屋で過ごした・・・・

恋愛
lovelove-renai-koi (96)
87: 名無しの恋愛速報さん 2006/12/14(木) 23:53:47 ID:BzUZby6y
彼は定職に就かず、バイトで生活をしていた。 
私が仕事から帰るのを待って、どちらかの部屋で過ごした。 
まだ携帯を持ってなかった頃のこと、連絡は家電でとっていた。 
私が部屋に帰る頃、電話が鳴り、 
「あ、ちょうど今帰って来たとこ」 
なんて台詞をよく言っていたような気がする。 
ある日のこと、帰宅後すぐ友人から電話があり、話し込んでいた。 
途中キャッチが入った。 
おそらく彼からだろうと思ったが、深刻な話になってしまったので、 
後で電話すればいいかな…と思い放置した。 
すぐ、またキャッチが入った。 
ごめん…と思いつつも、また放置した。 
その後延々とキャッチが入り続ける。 
それまでタイミングよくかかってきた電話の理由がわかった。 
まあ他にもいろいろあって、既に覚めかけていたのかも知れないが、 
気持ち悪くて、もうダメだと思った。

続きを読む Source: 恋愛速報

コメント