【悲報】新婦親族に「女は跡取りじゃない!恥知らず!」と罵倒された結果

892: 愛と死の名無しさん 2012/07/16 21:46:10
友人(先妻と氏別。子供Aあり。ちょっと難しい病気を抱えていた。当時3歳)の結婚式。 
(と言うより親戚友人招いての食事会的なもの) 
再婚相手は先妻の妹B。まあ、家の格式とがいろいろあったのかもだけど、何よりAがBになついていた。 

披露宴の間もAはずっと大人しくしていたが、A祖母=友人祖母とお手洗いに立ってからおかしくなり始めた。 
いつまでたっても戻ってこない。友人席でもちょっと心配になり様子を見に行く事に。 
(Aは私たち友人とも仲よしで、式中時々出張してw遊びに来ていた) 
トイレ前の休憩スペースにはA、A祖母、B親類がいた。 
Aは私を見つけると駆け寄ってきて「Aちゃん、いらない子じゃないよね、いらなくないよね?」 
A祖母「○さん(私)申し訳ありませんが、Aをお願いできます?」 
B親類「そんな子ほっておけばいいわよ!どうせ長生きできないでしょ!Bが男の子を産めばあと取りはBの子なんですから」 
A祖母「そんな子?Aは(先妻)さんとのだいじな子、Bさんとの間に子ができても同じですよ?あなたは何を仰っているの」 
B親類「綺麗事ですよ!あなただって健康な後継ぎがほしいでしょ?B姉がハズレだって思ってるでしょ?」 

流石にAには聞かせられないと、逃げた。 
Aがあまりにも怯えるので、AとA親類の方としばらくお庭で過ごしていたけど 
「赤ちゃんうまれたらAちゃんいらなくなる?捨てる?」 
「Aちゃんはおとうさんと、Bちゃんのたからものだよね?」となんども確認するのが切なかった。 

後から聞いた話ではB親類は女の子を産んだが長く生きられず、女なんか後継ぎじゃない 
氏ぬような子なんか産むなんて恥知らず!と婚家でさんざんいじめられて離婚された経歴があったようだ。 
何となく業というか、悲しいというのか、B親類はBに自分の様になって欲しくないと 
Bの事を思って言った事なんだろうけど、攻撃の対象が違っていたと思います。 

数日前にAちゃんの全快祝いを頂戴して思い出した事でした。 
添えられていた写真にはAちゃんと弟二人が笑顔で写っていました。

893: 愛と死の名無しさん 2012/07/16 23:31:31
B親類にとってもAちゃんは身内なんだよね? 

B親類の産んだ女の子とAちゃんが似た立場だけど 
子供に恨みをもっているような印象

894: 愛と死の名無しさん 2012/07/16 23:32:35
A祖母=友人母 でしょ。 
B親戚といってもA母の親戚でもあるわけだが、なんかややこし。 
自分がはずれ扱いされたから子供にやつあたりか。 
むしろ婚家がはずれだったと考えればよかったのに。


続きを読む Source: 恋愛速報

コメント