【不幸な結婚式】お婆ちゃんが新郎をお爺ちゃんだと間違え叫び続けた結果

788: 愛と死の名無しさん 2012/02/22 01:06:14
238 :愛と氏の名無しさん:2012/02/21(火) 19:08:16.82 
自分は、新郎側の友人。 
新郎側の親族席に、新郎の母方のお婆ちゃんがいて、最初ギョッとした。 
新郎のお婆ちゃんは、まだらボケで、人が集まる場所は本人も来たがらないはずなのに? 
でも、可愛い孫の結婚式だから、出席したのかな?ぐらいに思っていた。 
披露宴が始まったとき、お婆ちゃんが案の定 
「Uちゃん!Uちゃん~~うわああ~ん!」 
と、泣きはじめた。 
最初は周りは、「孫が可愛くて嬉しいんだね」って反応だったけど、やっぱりちょっと違う。 
だって、新郎の名前UじゃなくてAだし。 

事情は、自分は知ってたんだけど。 
お婆ちゃん、先日他界したお爺ちゃんとは幼馴染。 
お爺ちゃんは、今で言うボダ的な女性に付きまとわれて、結構苦労されたそうな。 
んで、ボダ的女性は、尽くお婆ちゃんに嫌がらせをしたが、最後はお爺ちゃんはボダ女ではなく、お婆ちゃんを選び結婚。 
二人とも、凄く仲が良くて、お爺ちゃんが亡くなったときにお婆ちゃんはガクッ!となり、まだらボケが発生。 
これが、孫(新郎)をお爺ちゃんだと思い込み、孫を「Uちゃん(お爺ちゃんの名前)」と呼び出し、少女のように甘えるのだそうだ。 

そんな状態だから、式には来ないと思ってたのに。 
式の間、ずーっと泣き叫び、「Uちゃん!なんで?お嫁にしてくれるって言ったのに?」って言って、高砂に近寄ろうとするのを親戚が止める感じ。 
で、退場しようとすると、何故か新婦側の親戚が「まって!」とか止める。 
新婦も「まって!もう少し!」って止めて、新郎は顔真っ青で「もうダメだって、婆ちゃんを連れてって。」って意見がまっぷたつ。 
当然、式場は進行ストップでまさにカオス。 

10分ほどお婆ちゃんは、Uちゃんの名を叫び続けて、泣き続けて、気絶に近い状態になってしまった。 
「危険だから!もうこれで!」と、新郎側の親戚が連れていこうとするが、やはり新婦側がディフェンス。意味不明。 

新郎が立ち上がって、「もう許してくれ!婆ちゃんを外へ!」って声で、やっとお婆ちゃんは外へ連れ出された。

続きを読む Source: 恋愛速報

コメント