【悲劇の結婚式】結婚式会場で祖母が倒れて亡くなってしまった

893: 愛と死の名無しさん 2012/02/24 04:17:02
フェイクあり。 
主人が出席した従姉妹の結婚式の話です。 

主人の母方の従姉妹(主人の母の姉の娘)の結婚式が、クリスマスイブの日に催された。 
しかも式場が親族一同にとって縁もゆかりもない神戸市の山の方の、ちょっとこじゃれた式場。強いて言うなら新郎新婦がお互いに関西の大学(神戸ではない)で出会い恋に落ちたというくらい。 
だったらO阪府内だよね?参列する親族にとっても、誰ひとり「縁もゆかり」もない場所だし、おまけにクリスマスイブ。 
あー私は呼ばれなくて良かった!! 

式には従姉妹の祖父母(母方の祖父は既に他界。母方の祖母が主人にとっても祖母)も生存している人は全員参加。 
お友達や会社関連の方もたくさんご招待して、規模で言えばなかなか大きな式だったはず。 
主人は招待状を受け取った時点で「クリスマスイブに結婚式なんて友達とか来るの?てかなんで神戸?しかも駅から遠いし・・・」と不満気味だった。

894: 愛と死の名無しさん 2012/02/24 04:17:58
その年は「大寒波」の年で、その日も大雪とは言わないまでも、とにかく気温が低くてとても寒い日だった。始発で出発する主人には貼るカイロを全身に貼りまくり、予備で5個持たせました。 

式場自体は新幹線の駅から不便なところにあり、参列者のほとんどは新幹線で来るのに貸し切りのバスもなく、まず会場に辿り着くまでがみんな大変だった。寒いし。 

ありきたりすぎるけど、こんなくそ寒いのに、挙式は屋内だけど集合写真の撮影が式場ご自慢の「庭園」で、その庭園は確かに立派で、良い季節だったらとても素晴らしいところだったけど、とにかく寒い。雪は降ってないけど本当に寒い。 

「記念撮影をしますので皆様こちらの方へ~」とスタッフに促されるまま、親族も友人もみんな「え・・?」て感じではあったけど、ある程度は予想していたせいか、がまんしてみんな庭園へ。 

そこで用意してあった撮影用の段に指示されるままに並んで待っていたら、最前列の椅子に座っていた新婦の母方の祖母が急にドタっと倒れた。椅子に座っていたのに椅子から転がり落ちて前のめりに。

続きを読む Source: 恋愛速報

コメント