つい「♪逃げた女房に未練は無ぁいが~」と結婚式で唄ってしまった

562: 愛と死の名無しさん 2011/12/22 22:33:38
今から四半世紀前のプチ不幸な結婚式。 

当時、私は小学校に上がる少し前。 
うちは居酒屋にカラオケを置いたような小さな飯屋だった。 
私は客のリクエストで歌っておひねりを貰ったり料理を運んで親から褒美に貰うシールを集めたりするのが好きな小生意気なガキンチョだった。 
その飯屋に叔父が頻繁に来ていた。 

叔父の結婚式当日、私は両親に連れられて式場へ行った。 
新婦が用意してくれたピンク色のワンピースや髪飾りに感激してコメツキバッタのようにお礼を言ったのを覚えている。 

式は恙無く終わり、披露宴。 
新婦親戚の子が歌う筈だったのだがカラオケが故障。 
小学生くらいのその子は音楽無しでは歌えないと言い、親らしき人と揉めているうちに泣き出してしまった。 
その時、酔った叔父が「(私)ちゃん、何か歌ってよ」と高砂から声をかけてきた。 
私はあれよあれよと言う間にステージに引っ張り出され、「何とかしなければ」と無駄に焦った。 

そして私の口からは…「♪逃げた女房に未練は無ぁいが~」 
叔父が良くリクエストしていた曲ではあったが流石に「マズイ!」と気付いて黙り、次に出てきたのは「♪あなたと会ったその日から~」 

気まずい感じで歌いきって席に戻り披露宴は終わったものの、翌日、私と母は寝込んだ。 
後日、叔父からは入学準備が余裕で出来るほどのおひねりが送られてきたらしいし今では叔父夫婦が私をからかうネタにしているが、多分当日はプチ不幸だったかなと思う。

続きを読む Source: 恋愛速報

コメント