【不幸な(ry】舞い落ちる天使の羽wwwwwwwwの中、祝福wwwwwのフラワーwwwwwwシャワーwwwwww

780: 愛と死の名無しさん 2011/12/27 12:24:24
従姉妹のクリスマス・イヴ結婚式に参加したよ! 
西日本だけど、ご存知の通りの寒波来襲で雪がちらついた。 
イヴに結婚式なんて頭沸いてるカップルだから、 
「舞い落ちる天使の羽wwwwwwwwの中、祝福wwwwwのフラワーwwwwwwシャワーwwwwww」 
はもうガチ。 
凍えて肩上がんねーわ、花びら握れねーわ、地びたドロドロだわ、 
そっから寒気伝わってくるわ………これは何の人間修養ですか? 
室内披露宴会場に案内されて、ほっとしたのも束の間、 
窓の外に見える枯れwwww芝生wwwwwwの上になんか白いフリフリの蚊帳みたいなテントwwww 
はい、テンプレ通り、「素敵なガーデンでケーキカットとデザートブッフェwwwwww」ウェッウェwwww 
ケーキカットには付き合ったものの、写真撮影もそこそこに、室内に退避しようとする招待客。 
「ちょっと!ブッフェは?」 
「せっかく皆のためにセッティングしたんだから」 
「式の日がホワイトクリスマスになったのは神様のプレゼント」 
「一緒にお祝いしてくれないの!?」 
半ベソ半怒りでひきとめにかかる新婦。 
暖房機の前から1㎜も動かずに、手と顔だけで「どうぞどうぞ」と促す新郎。 
したらばそのとき 
「いやあ~お祝いする気はあったんだけどさぁ~、どーもあったかい所に忘れて来たみたいなんだわ~」 
招待客のひとり、30代くらい?の女性が山田花子みたいな声を上げた。 
「てなわけで、ちょっと探して来るねっ!」 
くるっと踵を返すと『コンビニいてくる』とばかりに颯爽と、室内へ。 
魔法が解けたかのように、我もわれもと彼女に続く招待客たち。 
新郎新婦はというと、テントでしばらく押し問答してたけど、誰もいないwwwんじゃしょうがないので
10分くらいして室内へ戻って来た。 
その後お見送りまで新婦はブスーッ、新郎は無表情、だった。 
幸いこちらは今のところカゼもひかずに済んだwwwwwからそんなん全然いいけど。 
あの女性(戻ってから席次表を見ると、新婦の職場の先輩のようだった)には、マジ感謝してる。 
新婦は寿退職だっつってたから、もうあの人にも職場にも迷惑はかけないで欲しいわ。

797: 愛と死の名無しさん 2011/12/27 17:21:46
>>780 
イトコなら、そのアホ新婦のその後の親族での評判はどうよ?親族も花畑?

781: 愛と死の名無しさん 2011/12/27 12:39:49
状況はわかったがwwwwはいらね。 
もう少し日本語で詳しく書いてくれると状況がいっそう良くわかるんだが……

続きを読む Source: 恋愛速報

コメント