【壊】「手伝いに来い。会社のためにもう一度働けるぞ」


579: 名無しさん@おーぷん 20/10/06(火)21:51:26 ID:xE.gf.L1
ブラック企業の事書いてる人いるけどよくわかる。

私が初めて務めた会社がやっぱりすっごいブラックで、サービス残業が一日5時間切ると嫌味言われるような状態。
当然ボーナスも出ない。
私は終電の関係で22時には会社出ないといけなくて(田舎だし)、5時間切る日は多かった。

すると
「日付が変わるまで働くのが社会人として当然だ」
と説教されるわ、
「家に23時には着くなんて甘ったれてる!」
とよその支店から説教しにくるのはいるわ。
「終電で帰れないなら近くのアパートを借りればいい。
引っ越してこい。
6時から会社来て0時まで働けるぞ!」

と目をキラキラさせて言われて怖かった。

1年たって辞めようとしたら、上司が
「そんなふざけたことは許さない、会社に骨を埋める覚悟で尽くして一人前だ」
とうるさい。
本社に電話して
「こう言われたんで労基に訴えていいですか?」
と聞いたら退職の許可出たw

でも辞めるまでずーっと
「如何に社会人として世の中舐めてるか」
を言われ続けたな。
その上司も残ってる社員も、休日出勤や夜中の1時2時まで会社にいるのが自慢だった人たちだし、
壊れてたんだと思う。




辞める時に
「お前程度の代わりいくらでもいる」
と言われたが、3か月たっても見つからなかったらしく、
「手伝いに来い。会社のためにもう一度働けるぞ。
給料も電車賃も出ないが会社の器具使って茶は飲んでもいい」
と電話が来て怖かったので拒否してそれっきり。

朝礼が社長とネット通信でじきじきにあるんだけど、毎日適当な支店から適当な社員選んでつるし上げるって方式で、休んだ社員は本社から直々に休んだ理由を聞く電話が支店にかかってくる…という
(暇なの?)
ってこともやってた。
逆にパートは成績優秀者を週一で視点から選んで発表して褒めまくって賞与?もあったので、パートのおばちゃんたちも『素晴らしい会社』ってうっとりしてて、それも怖かった。
他にもブラックなエピソードはいろいろあるw

結局、2年後くらいに社長がやらかして倒産したが、あの人たち正気に戻ったのかなあ…。


582: 名無しさん@おーぷん 20/10/06(火)22:44:50 ID:pq.oe.L1
>>579
前に面接に行った会社、定時は9時~18時で駅徒歩5分、終電は24時過ぎなのに
「うちの社員は通勤のために車持ってる。言ってもらえれば安く買えるよ」
って恐ろしいことを言うので辞退したんだけど
そういう正気を失った社員ばかりだったんだろうな

583: 名無しさん@おーぷん 20/10/07(水)10:56:54 ID:Ry.gp.L17
>>582
そんな状態で車使って欲しくないわー

584: 名無しさん@おーぷん 20/10/07(水)15:16:21 ID:Hk.re.L11
>>583
そんなブラックで働けば間違いなく心身ともボロボロにされてしまう
過労状態で運転なんてとんでもない話だよ

585: 名無しさん@おーぷん 20/10/07(水)17:27:30 ID:tZ.fz.L6
>>582
職住超接近の社宅作れば運転不要で通勤時に交通事故がないと気づかないのかぁ。
ブラックさ加減を気にしない社員なら大喜びだろうに。

常識的な人なら採用でも断るが!

586: 名無しさん@おーぷん 20/10/07(水)17:32:20 ID:Si.gp.L1
>>584
自分、運転免許返納したわ
「自分は疲労状態で運転したら絶対にいかん人間だ」
って思ったから

一時期、自分の仕事がブラック化してて、朝4時退社朝7時出社とか休日は月一回とか、そんなんが半年近く続いた時があったんだけど、ある日会社に向かって歩いてる最中に、居眠りして電柱に思い切り顔面強打してさ
「歩いてるのに寝落ちできるんかい自分!」
って、自分の寝汚さに衝撃よ…

それ以来運転することは一切考えなくなった


588: 579 20/10/07(水)17:54:48 ID:bZ.gp.L1
そういや会社に洗脳されて『夜中まで働いてた』って自慢してた営業が2回くらい事故ってたわ…。
一度だけ仕事で同乗したけど、ぼーっとした運転で
(危ないな)
とは思った。
「眠気覚まし」
と称して電話しながら運転してた方が怖くて忘れてた。



	
Black Broken Heart

//<![CDATA[ (function(d){ if(typeof(window.NINJA_CO_JP_ONETAG_BUTTON_d7fc726322b19f283bc492f2794aa678)=='undefined'){ document.write("”); }else{ window.NINJA_CO_JP_ONETAG_BUTTON_d7fc726322b19f283bc492f2794aa678.ONETAGButton_Load();} })(document); //]] > <$ArticlePermalink$><$ArticleTitle ESCAPE$>


Source: ロミオメール

コメント