視覚障害者の人を案内する素敵な紳士の話

608: 彼氏いない歴774年 2009/11/26 00:15:00 ID:temGA8k8
沖縄の繁華街にて。 
(長くなったらごめんなさい) 

仕事の終わった夕方、交差点で信号待ちをしていると、目の前にタクシーが停車。 
降りてきたのは、白髪の老女。 
タクシーから降りると、折りたたみ式の白い杖を伸ばす。 
視覚障害者だった。 

交差点に立つ白杖の老女、誰にでもなく、 
「すみません、あの、すみません… 」 
と声をあげる。 
が、信号待ちをしている人達の誰も対応できない。 
私も、どうにかしなくちゃ、と思いながらも固まっていた。 
信号が青に変わっても、私を含めて何人かは動けずにいた。 

向こうから横断歩道を渡ってきた、スーツ姿の男性。 
白杖の老女に気づくとすぐに近くにきて、 
「お困りですか?」 
と声をかけた。 

老女 「この近くの○○というライヴハウスに私を案内してくれませんか?」 
男性 「(チラッと腕時計に目を走らせたけれど、すぐに)あ、偶然ですね、僕も○○へ行くところです、ご一緒しても構いませんか?」 
老女 「あら、助かります。お願いできますか。」 
その男性、老女の腕をとって、今来たばかりの横断歩道を引き返していきました。 

男性、メチャクチャかッコよかった。 
固まってなにも出来なかった自分、もちろん今は自己嫌悪で泣いてる

続きを読む Source: 恋愛速報

コメント