21歳になった今、A君がどうしているのか全く分からない。知っているのは実家の連絡先だけ。

581: おさかなくわえた名無しさん 2004/12/20 21:46:02 ID:/qScj+pA
消防のころ仲が良かった男の子A君。 
厨房になってクラスが変わっても、廊下で見かければ声を掛け合う関係だった。 
ある日帰ろうとしているとA君が靴棚のとこで友達と話していた。 
私を見つけるなり、「名無し、名無し」と私を呼んだ。 
「なに?」と行ってそちらを向くと、A君は赤い折り紙で作った小さなハート型の紙を 
指先にくっつけて私の顔に近づけてきた。紙には(たぶん)緑色のペンで「名無し」と 
私のあだ名が書いてあるようだった。その下に「**」と擦れていたが2文字ほど何かが 
書いてあった。 
当時私は眼鏡をかける少し前で、視力がかなり悪い状態の裸眼だった。 
私は下の文字が気になったが、別の友達を待たせていたので私はA君に「作ったの?すごいねー」 
と言い、曖昧に微笑んでそのまま帰ってしまった。 

その日から、あの見えなかった文字が気になって、A君に聞きたかったがもし言葉で 
言いにくい話だったらと考えると、なかなか切り出せず次第にA君も私の方を見ないようになり、 
そのまま中学を卒業してしまった。 
高校も、ずっとクラスが別になり一度も会話することなく卒業。 

あの時私が見た紙に書いてあった文字はなんだったんだろう。もし「好き」と書いてあったと 
したら、A君は私のことを嫌いになっただろうな・・・。 
私はA君のことが大好きだった。ずっと友達でいたいと思った初めての人だった。 
21歳になった今、A君がどうしているのか全く分からない。知っているのは実家の連絡先だけ。 
どうしているか気になるけど、今更手紙を書くなんてのもなぁ。。。 
なんか、切ないというより、後ろめたい。 

長文スマソ

続きを読む Source: 恋愛速報

コメント